<< 「コクリコ坂から」を観た | main | 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観た 2回目 >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「プラネテス」1巻を読んだ

何度読んだか分からないけれど、結構久しぶりだった。

ネタバレありで書きたいと思う。
少し、ネタバレというものにこだわりすぎている気もするけれど、
この漫画で、何か書けることがあると思う。

全体の感想としては、前に思った、良いという感じとは、
また違う感じになっていた。

初めて読んだ時だと思うけれど、その時に、
この漫画は自分にとって良いものだと思った。

あと、ロケットのある風景の最初のほうの、
ここも宇宙だよっていうのが、読んですぐ、何かを感じた。
その1話の後半で再び繋がるけれど、そこも混ざって、好きだった。
自分にとっては、ここも宇宙だよという発言自体が、
ユーリの言う、目からウロコの落ちる瞬間だったのかもしれない。

あとタイトルについて、ささやかなる一服を星あかりのもとで、
というのは、最近になって凄いなと思うようになった。上手いとも思う。

今回読んで、自分でも少し驚いたのは、ユーリによく共感したということだった。
これも、どの時期かよく分からないけれど、最初読んで少しして、
全員に共感できると思った。主にストーリーとキャラクター、全てに入っている、
なにかかもしれない。しかしどこかで、ひとつ引いた所で見ている感じもあった。
今思うと、作り手側に近い視点だったと思う。作り方にも共感したのかもしれない。

話の順番は憶えていなかったけれど、最初の方を見れば、だいたいどんな話か分かった。
2話がこの話だったのは以外だった。もう少し後だと思っていた。

話と絵が、上手いと思った。
1話完結という所でも、上手いと思う、
最後の見せ方や、盛り上げ方が凄い。
絵は、表情が良いと思う。
あとはアクションも良かった。

最初に読んだ頃は、僕は何か足りないものを感じていたんだと思う。
今、少し分かるのは、自分の存在についてや、色々な可能性のことだったと思う。
プラネテスを読んで、作者は僕と近い考え方や見方で悩んでいるのではないかと知り、
自分と似ている人がいるんだと思い、安心したこともあったと思う。
上手く説明できないけれど、こちら側の人だと思った。
立場があれば、ということだと思う。しかし、まだ、
何を問題にしたときに、なのかは分からない。

出来れば正しく書きたいと思いながら、前のことを書いていて、
漠然としたことが多い。いつ思ったのか、合っているのかがよく分からない。
ときどき記録しておければ良いと思う。

今回ユーリの次に共感したのは、九太郎だった。
いつか自分も、このような気持ちになるのではないかと少し思っていたが、
読んでみると、確かに、どこかが合った気がした。

全巻を通してどういった印象を持ったか、というのは、
あまり憶えていない。ただ凄いと思っただけなのかもしれない。
ただいくつかのシーンは、まだ憶えている。
物語を通しての人物の成長みたいなことを少しは思ったのかもしれない。

そういえば、誰かに感想を言ったこともあまりなかったと思う。
ここまで書いて、ブログに書いたことがあったか、と思ったが、無いみたい。

深く悲しんだ時とか、もう駄目だろうと思った時に読もうと思っていたけれど、
今の所そういう事がなかった。前から読もうと思っていた、というのと、ato1さんが読んだ、
ということがあったので読んだ。

昔のことを書くのは珍しいかもしれない。
作品を通して、思い出したこともあって、こういう方法もあるのか、と気づいた。

全巻を読んで、アニメ版を見たいと思う。


スポンサーサイト

  • 2013.10.12 Saturday
  • -
  • 23:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
自分は全巻通しての感想がうまく出ない。
面白い、凄いとかそんな感想しか出なく、ただ「こんな作品もあるのか」と呆気に取られてた。
今まで読んで来た作品と何か違う、初めての感じだった。
宇宙という舞台に魅入ったのかな。
少しは夢見る舞台であるし、そんな作品も宇宙人系の映画しか見た事なかったからかな。
昔は一話を読んで「もういいや」ってなったんだけどなあ…
カウボーイ氏の記事見て、早くも、もう一度読みたいなんて思った。
  • ato1
  • 2011/09/02 11:53 PM
ato1さんの、コメントを読んで、
自分も、この漫画を読んだ時に、
これは特別だ、と思ったのを思い出しました。
それは他とは違う、これだけは特別だ。
ということだったんだと思います。
他の漫画とは違うという所も、考えてみたいです。

宇宙というのは、確かに良いですね。
何か色々なものが、詰め込まれている気がします。

読んだ理由にもう一つ、加えることができるのは、
ato1さんにオススメしたということでした。
実際に読んでくれたのは嬉しかったです。

もう一度読みたいと思ってもらったのも嬉しかったです。
また、感想が書けたら良いなと思っています。
  • かうぼーい
  • 2011/09/05 11:15 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
2007.1.17
ブログパーツUL5
Time is money
あわせて読みたい
あわせて読みたい
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links