<< 「言の葉の庭」 予告篇 | main | 「京騒戯画」0話 >>

スポンサーサイト

  • 2013.10.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「キルラキル」1話



天元突破グレンラガンのスタッフの新作、楽しみにしていた。

個人的な体験としては、天元突破グレンラガンの頃、
張りつめたような気分で、色々なものを見ていたけれど、
その中でも、自分のどこかにまだここまで熱くなれる部分が
あるんだという発見があったような気がする。
なにに対しても、まだ熱心になれる自分がいると思えたと。
キルラキルは1話から確かにそういったものでもあると思えるし、
また違ったものが見えてきそうだと思い、次を楽しみにしている。

スポンサーサイト

  • 2013.10.12 Saturday
  • -
  • 11:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
2007.1.17
ブログパーツUL5
Time is money
あわせて読みたい
あわせて読みたい
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links