スポンサーサイト

  • 2013.10.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「図書館戦争 革命のつばさ」を観た

感情を理解するのにこれまであったことを、
思い出すというか、想像するみたいなことが、
さらに内容をよく知っていくのにつながっていく
かもしれないと思った。それは気づかずにやっていたと思う。

人物について観ているだけでも楽しいということは、
なんとなく思っていたけれど、今回は実際に人と会うのと近いような、
より現実的な形で感じたと思う。

台詞が良かった。言葉と演技が特にだと思う。


「十三人の刺客」を観た

三池崇史監督。

切っていくという事について、
数人の人を切る場合、
1人1人切っていくというのと、
数人を切るというのを1つのまとまりとしている
という2つの場合を思った。
今回の作品では、まとまりではないかと思った。

リメイク前の作品を観ているのと、
知っている役者が居るという所が観る感じを
少し変えていたと思う。特に気づいていくという事がか。

「十三人の刺客」を観た

工藤栄一監督。

人の撮り方が気になっていて、
なぜかよく分からないけれど、
人との間隔ではないかと思った。

戦闘の場面が良かった。
全体でも良かったと思うけれど、
切る所が特に良かったと思う。

「プレステージ」を観た

人物の撮り方で特に監督らしさを感じた。
もしかしたら、それで目立ってくるのは、
表情と台詞の意味ではないかと思った。

この映画と同じ監督の作品で、観る順番が違っていたら、
また違う感想を持ったかもしれないと思った。


「イングロリアス・バスターズ」を観た

監督らしさの1つに爆発のような感じがあると思った。
凄く盛り上がる場面というか、そういう所で爆発するという感じがした。

色々な物を期待しながら観ていた。
知っていく感じが面白い気がした。


「デス・プルーフ in グラインドハウス」を観た

喋りも良かったけれど、アクションの勢いも凄い。

やりすぎという感じもするけれど、そういうのも観たかったと気づいた。


「インソムニア」を観た

クリストファー・ノーラン監督。

話の勢いが強くなっていく気がして良かった。
風景の撮り方や人物の撮り方に監督らしさを感じた。


「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を観た

こういう事が必要だったのではないか、
と思えた場面があって共感に近い感じがした。

大きな勢いに対応する物として、
良い呼び方が分からないけれど、
この映画では世界のような物が出来ている気がした。


「キル・ビル Vol.2」を観た

続編としてよく出来ていると思った。
テーマみたいなことだろうかと思う。

ある部分での監督らしさの発見と、
影響を受けている事、好きな事の
描かれ方が観ていて楽しいというのも良かった。


「メメント」を観た

今気づいたのだけれど、
入り込んでいく感覚というのがあったかもしれない。
それは主に話の部分だと思うけれど、より奥へという感じか。

面白い話だと思う。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
2007.1.17
ブログパーツUL5
Time is money
あわせて読みたい
あわせて読みたい
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links